FC2ブログ
 
■プロフィール

福吉美津江

Author:福吉美津江
23歳。恋はいけめん。

■カウントダウン


■最新記事
■リンク
■訪問者数

■RSSリンクの表示
■検索フォーム

■QRコード

QR

なれ初め そのいち 作品
制作Mです。
公演まで60日を切りました。
改めて月日の流れの速さを感じているこの頃。

色々な人、ものとの出会いがあって
夢のような企画が実現することとなりました。

そんな出会い、なれ初めを書き残します。

「父と暮せば」という作品に初めて触れたのは
宮沢りえさんが出演されていた映画でした。
戦争のお話なのに、見終わったあと
じんわりあったかい心もちになったことに驚きと深い感動を覚えました。

その時、心の片隅に「いつかこんな作品を舞台でできたら・・・」と
思ったのは、3年位前だったでしょうか。

その後、今回竹造役で出演される金子さんが、東京から下関へ移住してこられ
2度目か3度目かにお会いした際に
「この本、知ってる?貸してあげるから読んでみてください」
と渡されたのが、新潮社から出版されている「父と暮せば」でした。

「父と暮せば」書籍
左が千花の、右が制作Mの持っている文庫本です。
同内容の台本を使っていますが、原作も持ち歩いています。


あれから1年半。
色々なタイミングが重なって、今回の上演に至っています。

昨夜、公演情報サイトの『作品について』のページを公開しました。
あらすじは、編集の青木さんに書いていただきました。
青木さんとの出会いもまた、不思議なタイミングでの出会いだったのですが
こちらは、またの機会に。


そしてCorich舞台芸術サイトにも、公演情報を掲載しています。
「観たい!」のコメントいただけたら、関係者の励みになります。



この作品、この舞台との出会いが皆様にとっても
良き出会いとなるよう、心を込めて制作していきます。




スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

未分類 | 21:08:02 | コメント(0)
チケット販売を開始しました!
こんばんは。江原千花です。
オンラインショップにて、「父と暮せば」チケットの販売をスタートいたしました。

Chika.E Office*オンラインショップ
公演チケット・パンフレットから詳細をご覧いただけます。


郵送で事前にお手元へ届くものと、
父と暮せば公演チケット郵送バナー


当日会場でお渡しするパターン
父と暮せば公演チケット当日バナー


よいほうを選んで、お申込みください(^^)/

当日パンフレットのご予約もこちらで受付中です♪


オンラインショップでチケットを買うと、
もれなく、特製チケットホルダーがついてきます。

A4の紙をまるごと1枚、うまく折り紙して
ひとつずつ、手づくりしてあります。
公演ご案内とチケットがぴったり入る大きさです。

特典のチケットホルダー

公演までの毎日をすこし楽しみに彩るチケットホルダー、
ぜひとも、貰ってください♪


明日は午前中稽古です。頑張ります!





テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

未分類 | 01:14:23 | コメント(0)
広島に行ってきました。
江原千花です。
11月21日、広島へ行ってきました。

わたしと、たつさん、舞台監督の中原さん、
制作M(江原母)という、父と暮せば関係者4人で
少しの時間ですが、土地の空気にふれてきました。

広島にて。

原爆ドームは、写真で見るよりも、赤褐色にみえました。


この作品を上演すると決めて以来、
広島、とくに平和記念公園に行かなくてはいけないと
ずっと思っていたので、今回タイミングがあって、本当によかったです。

もちろん、お好み焼きも食べました。

広島のお好み焼き。


今日はいまから、達さんと読みあわせ稽古です。
また少しずつ、書いてゆきます。


テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

未分類 | 13:46:23 | コメント(0)
地元の空気を舞台に
制作Mです。
初回稽古の後には、関係者揃って、地元、下関の観光へ行ってきました。

まずは、豊北町での稽古だったので、角島へ!
この日は、ぽかぽかのよいお天気で海もとってもきれいでした!

46798345_1953146184762880_5523554635324850176_n.jpg

その後はつのしま自然館に立ち寄り、館長さんから角島~土井ヶ浜の海の色(エメラルドグリーン)の
秘密、くじらのお話や灯台のお話などなど、みんなでわくわくしながら
この地域の事をいっぱいお聞きしてきました。

館長さんのお話が楽しくて思わず長居をしてしまった角島。
いまや全国的に知られた観光名所、訪れたら是非、つのしま自然館にも
お立ち寄りくださいね。

46847787_1953147451429420_1625973338641793024_n.jpg

つのしま自然館から少し歩いて、キャンプ場と映画「四日間の奇蹟」のセットも観てきました。
47098252_1953147381429427_5583688021464580096_n.jpg
それぞれに、気になるところへ一直線なスタッフ&出演者(笑)

今回の公演に遠方からご来場いただく皆様、千秋楽は3連休初日です。
観劇ついでに、是非観光もしていってくださいね。

チケット発売はいよいよ、今週末、12月9日より発売開始です。

3連休初日となる2月9日(土)は11時~と14時30分~の2公演。
千秋楽でもあるので、チケット売り切れが予想される公演です。
早めのご予約をおススメします。

チケット情報は、チケット情報ページにてご確認くださいね。


文章:制作M
撮影:大野真代


テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

未分類 | 21:33:25 | コメント(0)
いよいよ!初回稽古
制作Mです。
先日の顔合わせ翌日、初回稽古を下関市歴史民俗資料館=太翔館にて行いました。
太翔館は、下関市中心部から車で1時間半程度の滝部という地区にある昔の小学校の建物をそのままに、資料館として使用しているとても風情のある施設です。

46718964_1953147674762731_845925978252247040_n.jpg
(撮影 大野真代 )

今回、演出家と舞台監督のお二人が東京から来てくださっているので、下関市の文化施設を是非見ていただきたいと、少し遠いですが滝部までご足労いただき、この素敵な風景の中で初回稽古を行いました。

46821713_1953145621429603_3749275521901395968_n.jpg
46801000_1953145634762935_8860532314925432832_n.jpg

古い建物には独特の空気があって、その中での稽古は「父と暮せば」の作品に宿る空気と重なる部分も有り、
初回読み合わせ稽古ではありましたが、
とても雰囲気のあるよい稽古になりました。

太翔館の裏手には線路があり、そこを走る列車はオレンジ色の2両編成、とっても可愛い列車です。
休憩時間には、窓からみんなで列車を眺めてはしゃいだりしていました。


稽古の後には、施設見学。
太翔館には、当時の小学校の机や椅子がそのままに残されています。

46847861_1953146218096210_7991526492389507072_n.jpg

この机、トットちゃんの著書にもでてくる、あの!パタパタ開く机です。
昔の生活に思いを馳せながら、「父と暮せば」の時代を感じて
作品創りに活かしていきたいと思っています。




未分類 | 00:03:41 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad